FC2ブログ
Google
 

松坂 表情明るく

読売新聞から

松坂 表情明るく
栗原も含流 侍きょう米国戦

 【ロサンゼルス=萱津節】野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)連覇まであと2勝と迫った日本は22日(日本時間23日午前9時)、ドジャースタジアムで行われる準決勝で米国と対戦する。21日(同22日)はロサンゼルス郊外で練習、野球の母国打倒に向け緊張感も高まっていた。予告先発は日本が松坂(レッドソックス)、米国がオズワルト(アストロズ)。21日夜に行われたもうひとつの準決勝、韓国-ベネズエラは打線が爆発した韓国が10-2で勝ち、WBC初の決勝進出を果たした。

 日本は21日、準決勝の米国戦に向け、調整練習を行った。先発の松坂は杉内と組んでランニング、キャッチボールで軽く汗を流した。右太もも裏肉離れで帰国した村田に代わって粟原(広島)が合流、打撃練習で快音を響かせた。

 松坂は米国との対戦について、「打線はいいと思う。それだけのメンバーがそろっている」と話す。

 大会前はレッドソックスの同僚、ユーキリスやペドロイアと対決できることを楽しみにしていたが、2人とも故障で離脱したのが残念そう。状態の良さを物語るように表情は明るく、山田投手コーチは「普段と変わらない様子だし、米国にも慣れている。(球数制限の)100球をバリバリ投げてくれるでしょう」と信頼を寄せた。

 この日合流した栗原は、オーバーフェンスを連発するなど好調さをアピール。宮崎合宿では惜しくも最終メンバーから外れただけに、「村田さんの代わりが務まるか分からないが、精いっぱい力を出す」と決意を語った。原監督は「粟原がいてくれるだけで戦力になる。28人そろっていい形で明日を迎えられる」と話した。(山脇幸二)


 今朝の放送開始が待ち遠しい
 先日の韓国戦から休養十分とは思いますが、先取点を! 
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog